SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 京都芸術センタ−「国家 Nation국가」__西村博子
    タイニイアリスの暗部 (12/12)
  • MAR「個人重力」/ドンニョク「バリデギ」__
    高野裕平 (07/07)
  • DULL-COLORD POP「小部屋の中のマリー」__GRASSHOPPER
    GRASSHOPPER筆者 (07/28)
  • タッタタ探検組合「ハイパーおじいちゃん3」__大野美波
    松嶋理史 (07/08)
  • 劇団池の下「葵上」「班女」__ZUMOMO
    zumomo (04/19)
  • 劇団鹿殺し「SALOMEEEEEEE!!!」__青柳 舞
    (07/26)
  • 東京サギまがい・ゲツメンチャクリク「お化け屋敷の中〜断髪したライオン達〜」__西村博子
    愛 (07/12)
  • 桜会「P―天才って何?―」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • E.G.WORLD 掘屬澆砲いフツウの子〜突然変異は、未来の常識」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • Big Smile「paper planes」 __西村博子
    simone (03/18)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

☆Alice's Review☆

  タイニイアリスで上演された作品の劇評たち ―Crazy Tea Party―
<< (裸)みちこイスタンブール「ア・レーズン イン ザ パン」__明 成俊 | main | Whiteプロジェクト「White-あの日、白い雪が舞った-」__丹下 一 >>
Whiteプロジェクト「White−あの日、雪が舞ったー」__宮本起代子
0
     仙台の演劇人が「被災地の想いを演劇で世界へ」を合言葉にWhiteプロジェクトを結成した。
     本作は仙台で唯一被災を逃れたクオータースタジオで今年3月に初演され、この秋は東京と仙台、来年は石巻、南三陸町、気仙沼など、東北沿岸部のツアーが計画されている。東京公演の会場であるタイニイアリスでは、草の根の国際フェスタが今年で30回を迎えた。日本国内のみならず中国や韓国からも劇団を招き、9月末より来年3月まで開催中だ。本公演は東京と他都市をつなぐ目的もあり、東京の劇団ING進行形とともに、11月24日〜25日は仙台市宮城野区文化センター開館記念事業に参加する。直接間接に多くの方々の協力と理解、共感によって作り上げられた舞台なのだ。
     井伏銀太郎と西澤由美子の舞台は、昨年秋に相鉄本多劇場で行われた『BLACK-家族の肖像-』が記憶に新しい。優しい丸顔に少し甲高い声の井伏銀太郎、シャープなボブヘアがよく似合う凛としたたたずまいの西澤由美子が舞台に現れると、ずっと以前から知り合いのご夫婦に会うような親しみがわいてきた。
     震災から3年後の宮城県の港町、ある結婚式場の新族控室が舞台である。これから結婚式が始まろうとしていることはすぐにわかり、そわそわと落ち着かない父(井伏)、あれこれと周囲に気を使う母(西澤)などはごく普通に新婦の両親なのだが、彼らのひとり娘は津波で行方不明のままであること、父親が頑として葬儀を拒否していることもあり、今日の式は花嫁のお祝いと別れを行うためのものなのだった


    続きを読む>>



    | 劇評 | 06:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://alices-review.tinyalice.net/trackback/1084442