SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 京都芸術センタ−「国家 Nation국가」__西村博子
    タイニイアリスの暗部 (12/12)
  • MAR「個人重力」/ドンニョク「バリデギ」__
    高野裕平 (07/07)
  • DULL-COLORD POP「小部屋の中のマリー」__GRASSHOPPER
    GRASSHOPPER筆者 (07/28)
  • タッタタ探検組合「ハイパーおじいちゃん3」__大野美波
    松嶋理史 (07/08)
  • 劇団池の下「葵上」「班女」__ZUMOMO
    zumomo (04/19)
  • 劇団鹿殺し「SALOMEEEEEEE!!!」__青柳 舞
    (07/26)
  • 東京サギまがい・ゲツメンチャクリク「お化け屋敷の中〜断髪したライオン達〜」__西村博子
    愛 (07/12)
  • 桜会「P―天才って何?―」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • E.G.WORLD 掘屬澆砲いフツウの子〜突然変異は、未来の常識」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • Big Smile「paper planes」 __西村博子
    simone (03/18)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

☆Alice's Review☆

  タイニイアリスで上演された作品の劇評たち ―Crazy Tea Party―
<< 青羽「そうじゃないのに」&三一路倉庫シアター「結婚」__森 薫 | main | モズ企画 韓国新人劇作家シリーズ第二弾__森 薫 >>
劇団アランサムセ「ハモニカ長屋のどぶろくブルース」__帰って来た仕事コナカッタ元声優φ
0
     劇団アランサムセの結成25周年記念公演「ハモニカ長屋のどぶろくブルース」(脚本=李英哲、演出=金正浩)が、東京・新宿区の劇場タイニイアリスで上演された(10月24〜27日)。

     劇団アランサムセは、朝鮮半島で祖国統一、反米自主化の機運が盛り上がりを見せていた1988年6月、東京・千代田区の法政大学学生会館大ホールで旗揚げ公演をした後、25年にわたり演劇活動を続けてきた。


     当初、劇団が掲げた最大のテーマは、「母国語による在日同胞の生き様の表現」だった。
     当時の朝鮮新報(88年7月1日付)は、「朝鮮学校教員、出版関係者、労働者、日本学校出身者など20人余りの若者たちが、3ヵ月にわたる練習を経て本番を迎えた」と伝えている。

     初期の作品に多く見られたテーマは祖国統一だったが、時代の変遷と共に在日同胞の暮らしや心の葛藤を描いた作品も上演されるようになった。そして台詞も、朝鮮語、朝・日混用、日本語と変容してきた。

     「ハモニカ長屋のどぶろくブルース」は日本語による公演だ。生きるため、子どもたちのお腹を満たすため、社会の底辺で働き、暮らしてきた朝鮮人。

     とくに女たちは、差別と抑圧が蔓延する日本の地で「どぶろく」の密造販売をしながら必死に家族を守り、生きながらえてきた。一世ハルモニ特有のなんともいえない独特な語りを金民樹(劇団タルオルム)が好演している。
    「トプロクふーったら、ぱくはっちゅするぞ(ドブロク振ったら爆発するぞ)」
    「1本だけ、1本だけ持って逃げろ、これなかったらうちら食べていけへん」。
    この悲痛な叫びと闘いによって、同胞の命は繋がれてきた。

     舞台は、過去と現在が錯綜する中、一世から4世へと引き継がれてきた差別と抑圧に対する闘いを描いている。
    さらに、ヘイトスピーチがはびこる日本で、朝鮮人として「生きたい」「歌いたい」、そして、「奪われ続けた声」を守り、伝えたいと願う孫の琴伊の歌声が鳴り響く。 (★:2013/11/25(月) 19:07:31.67)
    | 劇評 | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://alices-review.tinyalice.net/trackback/1084469