SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 京都芸術センタ−「国家 Nation국가」__西村博子
    タイニイアリスの暗部 (12/12)
  • MAR「個人重力」/ドンニョク「バリデギ」__
    高野裕平 (07/07)
  • DULL-COLORD POP「小部屋の中のマリー」__GRASSHOPPER
    GRASSHOPPER筆者 (07/28)
  • タッタタ探検組合「ハイパーおじいちゃん3」__大野美波
    松嶋理史 (07/08)
  • 劇団池の下「葵上」「班女」__ZUMOMO
    zumomo (04/19)
  • 劇団鹿殺し「SALOMEEEEEEE!!!」__青柳 舞
    (07/26)
  • 東京サギまがい・ゲツメンチャクリク「お化け屋敷の中〜断髪したライオン達〜」__西村博子
    愛 (07/12)
  • 桜会「P―天才って何?―」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • E.G.WORLD 掘屬澆砲いフツウの子〜突然変異は、未来の常識」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • Big Smile「paper planes」 __西村博子
    simone (03/18)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

☆Alice's Review☆

  タイニイアリスで上演された作品の劇評たち ―Crazy Tea Party―
<< 机上風景「乾かせないもの」__西村博子 | main | 劇団AND「東京OZ月光」__石田 透 >>
机上風景「乾かせないもの」__大野美波
0

    ▽乾かせない感動をありがとう▽

    『乾かせないもの』という題名にまずグッとくる。乾かせないのは血か涙が記憶か。劇の中で女達が干している白いシーツや服も、女達の悲しみやしたたかさ、あるはずだった幸福や『乾かせないもの』という題名を象徴している。この劇は戦時中の話で悲しい話だが、しかしダークでも堅苦しくもなく、私達の年代も劇の登場人物達に充分感情移入できるものだった。これは女性ならではのしなやかな演じ方、悲しい中でも生き生きとした登場人物達の個性が見どころの、思わずほろりと涙してしまう劇である。

     劇を見て登場人物の性格を考える時、私はこの人物は性格のよいの人、この人物は悪い人というふうに二分して考える癖がある。しかしこの『乾かせないもの』はそのような見方を許さなかった。普段友人達の悪口を言っている人物も、いざとなれば情に厚く友を慕っていた。優しく仲間に対し思いやる人物でもある状況下では人を傷つける言葉を吐いた。しかし、どの人物達にも仲間に対する根底での『信頼』があった。強く結ばれる信頼が。やがて過酷な環境の中、人物達はそれぞれの答えを見つけ出してゆく。私は登場人物の中でも特にカズナに惹かれた。無邪気さ、明るさ、仲間を思う気持ち。そんなものに惹かれた。

       この作品のよいところは、作品自体が社会的にみて反戦の意を持っているにもかかわらず、すべては人物達の心情で語られているという点である。一つの論理として、血を流すのはよくないだとか、平和がいいとか、命を大切にだとか、あるいは希望を捨てるなということが提示されているのではなく、あくまでの人物達の生き方にスポットがあてられていて、そこには私達の受け入れやすい人情味があった。この劇団の次作を見てみたい。
    | 劇評 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://alices-review.tinyalice.net/trackback/559460