SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 京都芸術センタ−「国家 Nation국가」__西村博子
    タイニイアリスの暗部 (12/12)
  • MAR「個人重力」/ドンニョク「バリデギ」__
    高野裕平 (07/07)
  • DULL-COLORD POP「小部屋の中のマリー」__GRASSHOPPER
    GRASSHOPPER筆者 (07/28)
  • タッタタ探検組合「ハイパーおじいちゃん3」__大野美波
    松嶋理史 (07/08)
  • 劇団池の下「葵上」「班女」__ZUMOMO
    zumomo (04/19)
  • 劇団鹿殺し「SALOMEEEEEEE!!!」__青柳 舞
    (07/26)
  • 東京サギまがい・ゲツメンチャクリク「お化け屋敷の中〜断髪したライオン達〜」__西村博子
    愛 (07/12)
  • 桜会「P―天才って何?―」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • E.G.WORLD 掘屬澆砲いフツウの子〜突然変異は、未来の常識」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • Big Smile「paper planes」 __西村博子
    simone (03/18)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

☆Alice's Review☆

  タイニイアリスで上演された作品の劇評たち ―Crazy Tea Party―
<< 仏団観音びらき「宗教演劇」__葛西李奈 | main | 仏団観音びらき「宗教演劇」__青柳 舞 >>
榴華殿+釜山演劇製作所ドンニョック「Myth Busan-Tokyo MIX」__中谷英里
0

    まるで『不思議の国のアリス』のような演劇だった。姉は底なしのような穴を落ちていき、妹は宙へ舞い上がっていき、不思議な世界を訪れる。不思議な世界は人間の肉体と小道具だけで表現されていて、小さな劇場で観劇するのが初めてだった私は、小道具の使い方の上手さに衝撃を受けた。特に赤い布とビー玉が印象的だった。

    私は小説を書いているのだが、小道具をいかに上手く使うか、というのは小説にも通ずるところがある。小説の世界でも、例えば川をビー玉で表現することが出来るのではないか、と考えさせられ、良い刺激を与えられた。(もちろん、それはこの演劇そのままなので、実際に書く上で使うわけではなく、考えてみただけなのですが)

    この演劇のテーマの一つに「コミュニケーション」があげられると思う。役者役者同士のコミュニケーションでもあるし、役者と観客のコミュニケーションでもある。

    最初は何を言っているのかわからなかった外国語が、身振り手振りを交えるうちに妹がなんとなく理解出来るようになっていく。それと共に客も、意味を拾い上げるが可能になる。

    日本語ならば、私達は言葉自体に集中して耳を傾けたり、身振り手振りを見落とさないように穴が空くほど見つめたりしなくても、客席に座ってさえいれば簡単に意味を拾うことが出来る。だが、私達が学んだことも無い外国語はそうはいかない。意味を拾うためには、役者がばら撒いた情報をかき集めなければらならない。言っていることの意味を理解しようと努力しなければならない。

    相手のことを理解しようと努力する。それは人と人とのコミュニケーションで一番といって良いほど大切なことだ。相手がどの国の人であっても、どんな年齢の人であっても、どんな関係の人であっても。

    姉妹は最初、相手のことを理解しようと努力していなかった。しかし、それぞれが冒険し、出逢った時二人はなんとかして相手を理解しようと思った。だから、姉は言葉を発し、妹はそれに答えた。私はそう感じた。

    私は普段演劇を見ているとき、舞台上の役者とコミュニケーションしている気分にはならない。私が理解しようと努めるのは、演劇のテーマや脚本の流れや演出の意図などで、ある意味、役者を通して、脚本家、演出家とコミュニケーションしようとしていたのかもしれない。

    だが、この演劇を見ているときは、役者を言っていることを理解するのに手一杯で、演出家、脚本家の存在など考える余裕がなかった。役者そのものと会話しているような気分で、舞台上にあるものを純粋に楽しむことが出来た。だからこそ、先に述べた小道具の使い方にも純粋に感動できたのかもしれない。

    もちろん、脚本家、演出家とコミュニーケションを図る観劇と、役者とコキュニケーションを楽しむ観劇のどちらのほうが良い、正しいかは答えられないし、比べるつもりもない。

    ただ、私は幼い頃を思い出した。幼稚園に通っている頃、よく母親に子供向けの役者が着ぐるみを被ってやるような劇に連れて行ってもらったのだが、あのときは舞台上にあるものが子供心に面白くて仕方がなかった。この演劇を見ているとき、そんな気持ちに帰ることが出来た。 (終)

    | 劇評 | 02:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://alices-review.tinyalice.net/trackback/815116