SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 京都芸術センタ−「国家 Nation국가」__西村博子
    タイニイアリスの暗部 (12/12)
  • MAR「個人重力」/ドンニョク「バリデギ」__
    高野裕平 (07/07)
  • DULL-COLORD POP「小部屋の中のマリー」__GRASSHOPPER
    GRASSHOPPER筆者 (07/28)
  • タッタタ探検組合「ハイパーおじいちゃん3」__大野美波
    松嶋理史 (07/08)
  • 劇団池の下「葵上」「班女」__ZUMOMO
    zumomo (04/19)
  • 劇団鹿殺し「SALOMEEEEEEE!!!」__青柳 舞
    (07/26)
  • 東京サギまがい・ゲツメンチャクリク「お化け屋敷の中〜断髪したライオン達〜」__西村博子
    愛 (07/12)
  • 桜会「P―天才って何?―」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • E.G.WORLD 掘屬澆砲いフツウの子〜突然変異は、未来の常識」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • Big Smile「paper planes」 __西村博子
    simone (03/18)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

☆Alice's Review☆

  タイニイアリスで上演された作品の劇評たち ―Crazy Tea Party―
<< スタジオ・アジャパ「EVE」__山崎洋平 | main | DULL-COLORD POP「小部屋の中のマリー」__GRASSHOPPER >>
DULL-COLORED POP 「小部屋の中のマリー」__田中花苗
0

     マリー役の清水那保さんの演技に吸い込まれるように見入ってしまった。 新宿という広い街の地下にある小さな舞台で私は確 かに「マリー」の姿をみた。

    ストーリーもわかりやすく、テンポの良い演出で飽 きることなく最後まで楽しめた。

     16歳の少女マリーは、生まれてからずっと、父親 の実験台として白と黒の二色しかない部屋に監禁さ れている。

     白黒テレビや難しい本を読みあさるマリーは、白と 黒以外の色を見たことはないが知識としては色んな 色の存在を知っている。物理的に色を理解している。

     そんな色のない世界で育ってきたマリーが、外界 に出て初めて「色」を見た時、とてつもなく驚き興 奮し、ショックを受ける。 汚いことは何も知らない、まっさらな少女が、色々 な色を知っていき、少しづつ染まっていく。やが て、多くの色が混じり合うと、そこには汚い色が現 れるということを知っていく。

     とくに、保護されている病院の中で彼女は、様々な人間模様を見 てしまうのだが、それらは皆、多くの色が混じり合っ た世界であり人間の汚い部分が見え隠れするような 世界だった。  それまでまっさらだったマリーがダークな人間関 係を面白がり、人間の汚い感情を巧みに操るように なる。

     色を知った時、「わあ!わあ!」と驚き、「なん て、素晴らしい世界!」と言った素直な心の少女 が、色々な色を知るにつれて、良くも悪くも、より 「人間らしさ」を身につけていくのだ。

     小劇場の演劇を観たのは初めてだったが、かなり 楽しめた。 ライブペインティング(?)の演出がとても良かっ た。あと、監禁されている時マリーは、自分はクジ ラのおなかの中にいると思っているという設定が面 白かった。ストーリー的には、もっともっと、歪んだ世界を強 く出しても面白かったのではないかなと思ったけれども。

     上手く表現できないが、ストーリーも演出も役者 も上手くて、とにかく良い演劇だった。 「小部屋の中のマリー」を観て、私もまた新たな 「色」を知った。もちろん小劇場演劇を見るという新しい「色」を。

     マリー役の清水さんに本当に魅了された。役者っ てすごいなあと感動してしまった。 今後のDULL-COLORED POPの活躍に期待したい。

    | 劇評 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://alices-review.tinyalice.net/trackback/817158