SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 京都芸術センタ−「国家 Nation국가」__西村博子
    タイニイアリスの暗部 (12/12)
  • MAR「個人重力」/ドンニョク「バリデギ」__
    高野裕平 (07/07)
  • DULL-COLORD POP「小部屋の中のマリー」__GRASSHOPPER
    GRASSHOPPER筆者 (07/28)
  • タッタタ探検組合「ハイパーおじいちゃん3」__大野美波
    松嶋理史 (07/08)
  • 劇団池の下「葵上」「班女」__ZUMOMO
    zumomo (04/19)
  • 劇団鹿殺し「SALOMEEEEEEE!!!」__青柳 舞
    (07/26)
  • 東京サギまがい・ゲツメンチャクリク「お化け屋敷の中〜断髪したライオン達〜」__西村博子
    愛 (07/12)
  • 桜会「P―天才って何?―」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • E.G.WORLD 掘屬澆砲いフツウの子〜突然変異は、未来の常識」 __西村博子
    桜会 制作 (05/20)
  • Big Smile「paper planes」 __西村博子
    simone (03/18)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

☆Alice's Review☆

  タイニイアリスで上演された作品の劇評たち ―Crazy Tea Party―
47ENGINE「狂想曲〜ミューズの落とし子たち〜」__明成俊
0

      いい作品を創った一人に巨額な褒賞金を与えようと言われてパリの、とあるサロンに集まった芸術家たち・ゴーギャン、ランボー、トルストイ、チャイコフスキー、ブラームス、ゴッホの6人。それに最後に写楽だと名乗る謎の日本人留学生。――ミューズと呼ばれる人物が登場する後半からは、全く関係のないアガサクリスティーの小説「オリエント特急の殺人」をひねったストーリーが混ぜ入れられており、凝った料理のような作品でした。松田環作/原案・演出:47ENGINE。

      最後に、世界に愛される6人の芸術家たちがそれぞれ、芸術に対する悩みや欲望、コンプレックスなどを吐露し、観客に芸術とは何かという問いを投げかけて劇は終わりました。

    続きを読む >>
    | 劇評 | 04:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ココロノキンセンアワー演劇部「カレー屋の女」__西村博子
    0
      ◎新聞紙で作る竈に無言の想い

       公演後毎回催されたアフタートーク「3.11後の演劇を語る」で、公務の傍ら観劇歴30年という佐々木久善氏から仙台をはじめ東日本の様子を聞くことができた。
       それによると大震災を描いた作品は非常に多く、あまり多いので暫く自粛しようよと話し合った演劇コンクールさえあったほどという。佐々木氏は高校演劇の審査員もされているのだが、それでも、津波で亡くなった生徒をモチーフにした宮城県名取北高校の「好きにならずにはいられない」が東北地区の最優秀賞に選ばれ、昨年(2013年)10月に長崎で開かれた第59回全国高等学校演劇大会に出場し、優良賞に選ばれたと。


      続きを読む>>劇評マガジンWonderland
      | 劇評 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ココロノキンセンアワー演劇部「カレー屋の女」__平 辰彦
      0
         2014年3月11日(火)新宿タイニイアリスでココロノキンセンアワー演劇部公演『カレー屋の女』(佃典彦作・茅根利安演出)を、この日が誕生日の妻・真澄と観た。これは、ソウル凱旋公演で東日本大震災を背景にした新演出で上演された。
         舞台中央には、カレーを煮る大きな釜が置かれ、上手に新聞紙で包まれたテーブルと椅子が置かれ、舞台前面には、新聞紙が、あっちこっちにまるで瓦礫のように散乱している。この舞台装置は、東日本大震災の津波のあとの風景を思わせるものであった。
        続きを読む >>
        | 劇評 | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        I.N.S.N.企画 「破産」__明 成俊
        0
           2014年2月12日、新宿タイニアリスでI.N.S.N.企画の「破産」を観ました。破産状態に陥るかつての有名な作家が描かれていたので、破産とは何か、現実におけるお金の意味について考えさせようとした作品だった――のだろうと思いました。。

           破産状態に陥っているのに絶望の影のない顏で観客に話しかける主人公は、悲劇的状況を喜劇的雰囲気に置き換え、見事なものでした。劇は始終一貫、その流れで進みます。
          続きを読む >>
          | 劇評 | 06:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          I.N.S.N.企画 「破産」__森 薫
          0
             作・出演長田紫乃のブログを覗いてみたら文学座演劇研究所の出身とあったし、演出の望月純吉、古本屋と焼肉屋の主人を演じた得丸伸二、出版社の編集者役の浅地直樹も文学座。INSN企画はきっと“新劇”系統の、しかし従来の“新劇”ではない何かに挑戦しようとする人たちの集まりに違いないと、観る前からの期待は大きかった。
             そして実際、その期待は外れず、とても面白く、時間を忘れて観ることができた。俳優はみんな巧かったし、装置も過不足なく落ち着いていた
             とくに面白く、目を惹きつけられて観たのは主人公の作家を演じた いしだ壱成。昔は売れたのに今は仕事なく、マンションの22万円だったか25万円だったか高い家賃や、カードローンの支払いに困って、折角の蔵書を売ろうと古本屋を呼ぶところから始まっていった。
            続きを読む >>
            | 劇評 | 06:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            「韓国現代戯曲連続上演」/「韓国新人劇作家シリーズ第二弾」__片山幹生
            0
              ◎6編の小品から浮かび上がる韓国の今
               ネットやマスコミでは対立と憎悪がグロテスクに強調されることが多い日韓関係だが、小劇場の世界の日韓交流はかなり積極的に行われ、充実した成果を生み出している。この劇評では、昨年11月に行われた『韓国現代戯曲連続上演』(こまばアゴラ劇場)と『韓国新人劇作家シリーズ第二弾』(タイニイアリス)の上演作品を取り上げたい。このふたつの企画では、韓国の若手作家の短編戯曲が、異なる演出家の演出によって三本ずつ上演された。韓国の若い世代の演劇の雰囲気を感じとることのできる好企画である。韓国では、いくつかある主要新聞社が主催する文芸賞の戯曲部門で受賞することが、プロの劇作家の登竜門となっているとのことだ。このふたつの公演企画で上演された六作品は、いずれも新聞社の戯曲賞の受賞作である。ナンセンスな不条理劇も含め、どの作品にも現代の韓国社会のリアリティが反映されていた。


              続きを読む>>劇評マガジンWonderland
              | 劇評 | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              モズ企画 韓国新人劇作家シリーズ第二弾__森 薫
              0

                 韓国新人劇作家シリーズ第2弾として「ピクニック」「罠」「変身」が同日連続上演された。

                 ひたむきに自分をみつめる視線、真摯(しんし)ともいうべき作と、自分の生きている社会をコミカルに眺める2作と、取り合わせもなかなか良かったし、同時にそれらを演出する3人の、技能も含めて自身や社会を観る目の競い合いとなっていて、興味深かった。

                 終演後毎回アフタートークがあり、来日した「ピクニック」の作者がその作品を書くに至った想いを率直に話してくれたし、韓日の演出家たちがそれぞれ作品をどう理解したか質問し合いもあったので、観たものは韓国と日本の相違や類似を考えたり、自分の舞台から受け取ったものと照らし合わせたりできてよかった。


                続きを読む >>
                | 劇評 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                劇団アランサムセ「ハモニカ長屋のどぶろくブルース」__帰って来た仕事コナカッタ元声優φ
                0
                   劇団アランサムセの結成25周年記念公演「ハモニカ長屋のどぶろくブルース」(脚本=李英哲、演出=金正浩)が、東京・新宿区の劇場タイニイアリスで上演された(10月24〜27日)。

                   劇団アランサムセは、朝鮮半島で祖国統一、反米自主化の機運が盛り上がりを見せていた1988年6月、東京・千代田区の法政大学学生会館大ホールで旗揚げ公演をした後、25年にわたり演劇活動を続けてきた。


                  続きを読む >>
                  | 劇評 | 07:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  青羽「そうじゃないのに」&三一路倉庫シアター「結婚」__森 薫
                  0
                     この7月、Alice Festival2013のトップを飾ってくれた劇団青羽の李美慶作/金洸甫演出「そうじゃないのに」。象を放ったとの嫌疑で取り調べを受けている動物園飼育係の青年が最後、社会から同じように疎外された父と共にあれあれという間に衣服を脱ぎ捨てて象に変身。それまでの日常が一挙に異次元へと変容したその大胆な手法に驚きました。象に同情することと自分が象そのものであることとは、似ているようで全く異なっており、私たちのヒューマニズムなど何と浅いものだったか考えさせられました。作・演出が自分の伝えたいことを決して押しつけようとせず、伝わる人にだけ伝わればいい、ただ巧く、ただ面白くと創られていたのも、申し分なく良かったです。 
                    続きを読む >>
                    | 劇評 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    三一路倉庫劇場 ミュージカル「結婚」__明 成俊
                    0
                       8月15日と18日、新宿3丁目にあるタイニアリスという劇場でミュージカル`結婚`を観ました。
                       個人的には15日の公演が18日より良かったと思います。やはり、ミュージカルというのは他のジャンルより俳優のコンディションが重要なので、初日の方が全体的にコンディションが良かったのだろうと思います。
                       日本の演劇関係の人が、小劇場で行われるミュージカルというものに興味をもって見に来た、発想が面白かったと言っていました。日本では小劇場ミュージカルというものが珍しいジャンルだからでしょう。
                       ミュージカルというジャンルが大衆化され、今ではもう定着したと言っていいと思いますが、小劇場で行われる芝居にミュージカルの要素を取り入れようとする動きは、韓国のほうがより活発ではないかと思いうす。韓国ではこの作品をはじめ小劇場ミュージカルとしてロングランした作品は多くあるからです。
                      続きを読む >>
                      | 劇評 | 03:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |